挑戦する?安定選ぶ?29歳看護師オーストラリアへ行く

こんにちは、うりんこです。


看護師って、海外に出たい人多いですよね。

私も例に漏れずその1人でした。

かと言って、”海外看護師になりたいか?”と聞かれれば、そこまでの情熱もなく、でも海外への好奇心が昔から高いという性分でした。

私がオーストラリアに来たのは30歳目前。いわゆるアラサー。

充実と不安、安定と挑戦、相反する思いに悩むのが、この年代なのかなぁって思うんですよね。

今日はそんな、きっかけになった話です。

目次

29歳の私

当時、大学病院で8年目、チームリーダーもこなしながら、

それ相応に人間関係もいい現場で、

お金もあるから、国内海外問わず旅行に行きまくり、

洋服も買いまくり、

美容にもお金をかけ、

外食もいっぱいして、

女子会と称し高級レストラン行ったり、

彼氏もいて、

いわゆる20代の女性が歩むような、充実した生活をしてました。

毎年、今後の方向性を師長と話し合う調査面接では、

”いつか海外に行きたいなと思っています”、くらいは話していました。

退職を決めた理由

“辞めたくなった”と書くと語弊が出るかもしれません。

別に辞めたいわけじゃなかったんです。

私、4年目で転職して地元の大学病院に再就職したんですが、最初の病院は、とにかく辞めたかった。何が何でも辞めたかった(笑)

給料やボーナスはよかったけど、キャリアアップには限界を感じる職場でした。

その上ドクターが横柄過ぎて、リーダーやるたび嫌気がしてた。ピッチ鳴らすの胃が痛かった。

出来たらピッチに出てくれなくていいから、次の勤務帯に引き継ぎたいくらいw

明日の採血伝票出てないってコールしたら、

そっちがチェックするの遅かったんだよね!?俺今日書かないから!

って逆切れされたとか朝飯前。

もっと陰湿で理不尽で嫌なことは、ここには書けないw (ずっと根に持ってる案件、いくつもあるわw)

脱線しましたが、話を戻すと、再就職した病院は辞めたいわけじゃなかった。むしろ、いい職場環境で働きやすいし、経験を積み、業務は問題なくこなせるし、後輩指導もしてきた。自分を必要としてくれる人たちがいるし、居心地がよかった。

ただ、先が見えなかったんですよね。

チームリーダになったし、このままここにいたら、

管理者か専門、認定看護師の道へ行くのかなぁ、

この土地にずっと住むことになるのかなぁ、

当時の彼氏が結婚したいと言ってるけど、

このまま結婚して、仕事続けて、家庭を持つのかなぁ、、

自分の人生に、“納まる”。

そんな文字が、頭の中をぐるぐるしてました。

断っておきますが、別に看護師の道を進み、キャリアを重ねて活躍したり、結婚して家庭を持っている人たちのことを、納まってしまったな~って言ってるわけではありません。

あくまで、私の、私自身への価値観として、

環境も仕事も変わらないでいることが怖かった。安定に身を置くことが怖かった。時間とお金がゆるすうちに、まだまだチャレンジしたい。

結婚したら、もちろん相手にも相手の家族にも責任が出るし、夜勤明けで思い立ったら国内外問わず飛び立っていた様な生活も出来ない。

彼氏が提示する“結婚したら~・・”の展望にも、なんか拒否反応出たりして(ごめんなさい)

じゃあ、行く行く詐欺になっていた海外へのステップに身を置いてみるか。

人生の経験値を上げてみよう。

もう一回、自分で新しいステージに立ってみよう。

30歳目前、勝手に作り上げた数字の価値観が後押ししてくれ、オーストラリアに行くことを決めました。

まとめ

30歳目前て、充実と不安、安定と挑戦のはざまで、一番揺れやすい時期なんだと思います。

特に日本だと、この年齢の概念に余計に縛られるじゃないですか。

その居心地の悪さも、ずっとあったかもしれません。

いろんな分岐点で出した結論の先に今があるので、

迷ったなら飛び込んでみる、いつもそれをモットーとしています。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる