プッシュポップバブルってなに?オーストラリアの子どもたちに大人気な感覚おもちゃ

最近、オーストラリアのあちらこちらのお店で、ポツポツしたカラフルなシリコンを目にしませんか?

道行く子どもたちも手にしてポチポチやっているアレ。

あれは一体なんなの?

その正体は、オーストラリアではPOP ITと呼ばれる、ハンドスピナーの次に波が来たfidget toy(フィジェット)の1つ。

日本では、プッシュポップバブルとか、スクイーズポップバブルなんていう名前で呼ばれていますね。

今回は、今オーストラリアで大ブームなPOP IT/プッシュポップバブルをご紹介します。

目次

プッシュポップバブルってなに?

プッシュポップバブルとは、たくさんの半円系の丸(バブル)が並んでいるシリコンシート。

それを押したり押し戻したりして、ポコッと弾ける感覚を楽しむという、非常に単純で一見無意味なシンプルなおもちゃです。

とりあえず、下の動画でも見てください。

こちらの動画を見ると、ポコポコやりたくなって、絶対にウズウズする(笑)!

さして興味がない私でも、

無償にムズムズするのです。

わが家の子どもたちが買ったのは、同じくレインボーのこちら。

ポチっとな。

梱包に使う、透明なプチプチシートを潰す感覚と似ているかも。

これが、

  • ストレス解消
  • おちつく
  • インテリジェンスを高める
  • 自閉症の人にも好まれる

などの理由で人気に火が付き、2021年の年明けくらいから、子どもたちの間で爆発的なブームになっているんですよね。

ま、子どもたちは「みんなが持ってる」、「ポコポコする感覚が好き」っていうのがメインで、インテリジェンスうんぬんなど微塵も感じていないでしょうけども。

わが家の子どもたちが持っている約12cmの物が、だいたい1つ$5~7(約500円前後)。

大きい物だと$10以上(約1000円前後)。

親目線からだと、えぇぇぇー、こんなのに$10!

とか文句出そうなところをグッと飲み込み、子どもたちは自分のおこずかいで買うというので、任せました。

すごーく単純な商品なのに、開発した人すごいよなぁと思っちゃいますね。

指サック集めた様な物なのに!(指サックってみんな分かるかなー笑?)

アイデア勝負だなー。

ハンドスピナーはどこ行った…って感じですけど。

fidget toy(フィジェットトイ)

Businesswoman with fidget spinner having anti-stress timeout

fidget(フィジェット)とは?

  • そわそわする
  • いじくりまわす

等の意味がある英単語です。

これまでに人気になった、

  • ハンドスピナー
  • スクイッシーズ
  • プッシュポップバブル etc…

動作が単純で、指先が手持ち無沙汰の時に手慰みに使うおもちゃを総称して

fidget toy(フィジェットトイ)と呼びます。

こちらの記事には、脳科学者の茂木健一郎さんのコメントも。

“フィジェット”って直訳すると、そわそわやモジモジする、何かをいじりまわすみたいな意味なんです。ハンドスピナーをくるくる回す、つまりフィジェることで、緊張やフラストレーションの解消に効果があるとか、気持ちが穏かになるという効果もあるようです。

@DIME 【あの人の愛用品】脳科学者・茂木健一郎さんの「フィジェットキューブ」

フィジェる(笑)。

また新しい言葉の使い方がきましたね。

でも、なんだかんだ子どもたちって単純な物が好きで、

車の中やテレビ見ながらとか、ポチポチやってるんですよね。

私が学生の頃、課題を考えながら無意識に鉛筆や消しゴムを回していると意外と集中していて、ふっとアイデアが浮かんだり。

となると、手慰みの物って、緊張をほぐして、やわらか~い思考状態にするのに一役買ってくれるお助けアイテムになるのかもしれませんね。

最近お疲れだったり、仕事でピンと張り詰めてる、って人は、フィジェるを取り入れてもいいかもしれませんよ。

プッシュポップバブルはどこで買える?

日本だと、楽天、Amazonで見つけることが出来ます。

価格は1つ約600~2000円。

ワントーンより、やっぱりレインボーの方が目を引きますね。

輸入製品なこともあり、海外よりは取り扱っているデザインやカラーが少ない印象はあります。

1~2歳くらいの乳幼児が使うには、12㎝以上はある大きさの方が手にしやすいですよ。

うちの1歳児(もうすぐ2歳)も、ドライブ中によくポコポコやっています。

まとめ

オーストラリアで、子どもたちに大人気のプッシュポップバブルについて紹介しました。

プッシュポップバブルは乳幼児や赤ちゃんにも感覚遊びとして使えたり、シリコンなのでお風呂場でも遊べるので、フィジェットトイとしては幅広く使えます。

気になった方は手に取ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる