【オーストラリア】日本人ナースがアシスタントナースとして働くジレンマ

こんにちは、うりんこです。

日本でのナース経験あるし、ナーシングホームはきっと楽勝!

と思ってるあなた!

前回この記事を書きました。

今日は、そうは言っても、簡単じゃねぇべ。


という回です。

どんな職場でも、職業でもよい面と悪い面はある。
もし日本で看護師をしていたあなたが、アシスタントナースや介護士として実際に働くことになったら、直面するリアルをまとめてみました。

目次

アシスタントナースとして働くジレンマ

時間との闘い

前回も書きましたが、わたしはmorning shiftという、朝から昼もしくは午後までのシフトをメインにやってました。

朝7時からスタートで、だいたい7-10の入居者さんを受け持ちます。
ここから朝食が来る1時間で、

入居者さんを起こす、トイレ介助、ベッドメイキング(シーツ交換)、シャワー介助、洗髪、髭剃り、髪を乾かしてセット、保湿クリーム塗布、歯磨き、入れ歯の手入れ、メガネ/補聴器のセット、部屋のゴミ捨て、朝食のセッティング、必要であれば介助

を、一人ずつ一気にやるわけです。
もちろん自立している方ばかりではないので、リフティングマシーンを使う場面もあります。
リフティングマシーンは、安全のため介助者2名が原則なので、手すきになるスタッフを待たなきゃいけない。

そして、その間もナースコールが鳴る。

だけど他のスタッフ全然取らない

  

きーっ!!!!

ってなります。
悲しいかな、日本で染みついた”ナースコールにはすぐ対応”の精神が、手をこまねいて見ていることなどできず(泣)

結局無視できずに、ナースコールを自分が取りに行くという。。



これ、めっちゃ日本で働いてたナースさんに多いです。

こっちのスタッフ、全然無視の人、本当に多い。

ケアのスタンダードの低さへのジレンマ

経験や知識の浅いスタッフ

スタッフは、都市部では圧倒的に移民が多いです。
半年ほどで資格が取れて、需要も高い職種であるということが選ばれるポイントでしょう。
なので、やっぱり経験が浅いスタッフが多い。

日本で大学や専門学校でしっかり看護の基礎教育を受け、臨床に出てきた私たちの根底にある意識とのギャップが大きいです。

人材不足

各勤務帯で最小のスタッフで業務を回していること、毎回のシフトに経験があるリーダー(スーパーバイザー/ナース)やスタッフが不足しているケースによく遭遇します。

こういうことが、ケアのスタンダードの低さにつながっていることが多し。

日本のスタンダートと比較しているとグチが尽きないので、ある程度のことは許容のスタンスではいます。

施設の運営そのものの問題

経費削減のため、人材のみならず物品やサービスを削ったり、中でも著名に反映されるのが食事。ただでさえ、機内食感がいなめないのに、食事からコストカットしている職場はよく耳にします。

私の働いていたところもそうでした。

入居者さんの食事が質素になったり、バラエティがなくなってくる職場は、労働環境にもコストカットが影響してくるのでお勧めいたしません。

ナースじゃないから、処置・意見できないジレンマ

この気持ちは、遅かれ早かれ日本でナースをしてきている人なら、必ず感じます。

日本だったら、バリバリ働いていたのに、あれ?私の価値って?
その処置、私出来るのに!こうした方がもっといいのに!


でも、仕方なし、ナースじゃないから。


割り切って乗り越えなきゃけないポイントです。

ここに悔しさ、むなしさを感じたのなら、それを原動力にして

✔ 正看護師をめざす

覚悟を決めて、チャレンジしてみてもいいかもしれません。

マルチカルチャーのむずかしさ

これはもう、ナーシングホームに限ったことではなく、オーストラリア働く以上どこの職場でもそうですね。多国籍の社会である以上、避けては通れません。


特に初期のころは、自分の今までの価値観とは違うこと、日本人だったら持っている共通認識が通用しなくて、めっちゃストレスです。
マルチカルチャーの難しさを痛感しまくります。


でも、そんな通用しない人たちと、それなりに時間を重ねていくと、
彼らの価値観、その背景にあるもの、お国柄、
いろんなポイントが見えてきて、少しずつ違いを受け入れることも出来てきます。

自分の価値観において、ここは譲れないというポイントは持ちつつ、違いを受け入れることを楽しさにつなげていくと、もっと気楽に仕事出来るようになりますよ。

まとめ

看護師であるあなたが、アシスタントナースや介護士として働くとなると、変化させなきゃいけない考え方や視点が出てきます。そのイメージがついたでしょうか?

マルチカルチャーの文化の中となると、相手の価値観や生き方を柔軟に受け入れたり、割り切って考えるスタンスもさらに必要になってきて、ストレスを感じることもあるでしょう。

でもそこを受け入れたら、”こんな働き方もありかもな”と肩の力がいい感じに抜けてくるはずです!



シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる