バイオイルのドライスキンジェルが優秀。乾燥肌に取り入れたいアイテム

モデルや芸能人の紹介で、人気となったバイオイル

妊娠線のケアとして有名ですが、スキンケアからヘアケアまでこれ一本でいける優秀なオイルの上、コスパ良し!で私も長く愛用しています。

そんなバイオイルから、海外では乾燥肌に特化したドライスキンジェルが発売されているのをご存知ですか?

これが、従来のオイルより保湿力、肌のもちもち感が上で、乾燥肌にはかなり頼れるアイテム。

な~んだ、日本未発売なのか、と思った方でも大丈夫、

ネットショップを中心に、輸入品を扱うお店での購入が可能になってきています。

乾燥を防ぎ、美肌へと導いてくれるバイオイル ドライスキンジェルについてお伝えします。

目次

優秀で万能なバイオイルとは

バイオイルとは、南アフリカ共和国で開発され、現在世界156か国で愛されている超ロングセラー商品です。

その特徴は、

  • スキンケアケアから爪、ヘアケアまで使える
  • 傷跡やニキビ跡対策
  • 乾燥による小じわ対策
  • 乾燥したお肌の保湿

1本で何役もこなしてくれる万能さなんですよね。

★公式サイト>>バイオイル

こだわりのオイル

バイオイルは、12年の研究で開発されたピュアセリンオイルを使用しています。

肌のターンオーバーには欠かせないビタミンA、ビタミンEを配合しているので、この美容成分が皮膚を柔らかくし、ニキビや傷跡、妊娠線の予防や修復として効果があると言われているんです。

実際、私も3人の子どもを妊娠中に使用しましたが、妊娠線できることなく経過しました。

商品名のちがい

日本と海外で販売されているものは、名前が少し異なります。

Bioil(日本)とBio-Oil(海外)の2種類があり、それぞれの国の成分基準によって名称が変えられています。

どっちがニセモノ、とかいうわけではないので、ご安心を!

成分もそこまで大差はありません。

★公式サイトで詳細を見る>>バイオイル

乾燥肌に特化したドライスキンジェルの使用感

こちらが、海外で発売されているドライスキンジェル

薄いピンク色、とろっとしたテクスチャーです。

ジェルといっても87%がオイルなので、強力な保湿成分になっています。

従来のバイオイル同様、肌馴染みがとてもいい。

スーッと吸収されいていきます。

そして、何よりべたつかない!

保湿力が高く、オイルの成分が多いジェルなのに、重くなくベタベタしないんです。

こんなに着け心地が軽いのに、驚くのは翌朝。

お肌がやわらか、もっちもち!しっかり保湿されている証拠!

私は、こちらの記事でも書いていますが、カウンセリングスキンケアの「エンビロン」を半年ほど使っていました。

関連記事>>エンビロン正規品の海外通販は可能なのか

時系列では、バイオイルジェル1年→エンビロン半年くらい。

正直、保湿力と肌の柔らかさでは、バイオイルジェルの方が上だと思います。

また、継続して1年ほど使っており、

もともとのニキビ跡が薄くなったことを実感しています。

私、20代前半の頃、看護師の不規則な仕事が原因で、一時期泣きたいほどのニキビ肌に悩まされてたんです。30代後半になった今でも、ほっぺにニキビ跡がそばかす程度に残っています。

でも、このニキビ跡が主観的にも薄くなった。

すでに、これだけ美容に関連した賞を受賞しているんですよ。

Bio-Oil公式サイト

エンビロンと同様にビタミンAとE配合、でも乳液や保湿としてこれ1本、そしてコスパの面から考えると、かなり優秀ですね。

エンビロンは肌のハリや艶には効果的ですが、その分お値段が主婦には痛い…

  • 乾燥肌と、しみやニキビ跡などの美肌ケアを同時にしたい
  • エンビロンと同じような、ビタミンAとE配合のアイテムを使いたい
  • シンプルでコスパのいいスキンケアをしたい

こんなお悩みを持つ方には、使って損がないアイテムだと思います。

【海外直送】バイオイル Dry Skin Gel 50ml 新発売

価格:1,990円
(2021/1/9 17:59時点)
感想(0件)

効果的な使い方とデメリット

使い方

パッケージの表記には、

  • 少量をつける(クリームをつけるより少な目で)
  • 敏感肌に適しており、ノンコメドジェニック

ノンコメドジェニックとは

ノン コメド ジェニックとは、ノン コメド ジェニック テストを済ませている化粧品・コスメを総称して「ノン コメド ジェニック」と呼ばれます。「ノン コメド ジェニック」化粧品は必ずしも「ニキビができない」「ニキビが改善される」ということを保証した化粧品ではなく、あくまでもテストではニキビの初期症状が一定の基準で現れなかった化粧品ということを理解する必要があります。

出典:dショッピング

私も、これくらいの量を顔にのばしています。

本当に少しです(笑)

保湿力が高いので、これだけで十分潤うんですよ。

デメリット

私自身は、デメリットを感じたことはないのですが、あえてあげるとすればこの2点でしょうか。

①香り

バイオイルを使った方ならご存知かもしれませんが、ほんのりベビーパウダーの様な香りがします。

私は全く気になりませんが、普段から香料が苦手という人は気になるかもしれません。

②すぐにメイクをするとテカりやすい

ジェルといってもオイル成分なので、塗ったすぐ後にベースメイクをすると、テカりやすくなります。

数分おいて、肌に馴染んでからするとよいです。

コスパがいいというけれど、どのくらいもつ?

今使っているものは、2個め。

50mlという一番小さいサイズで、私の暮らすオーストラリアの薬局で購入すると、わずか8ドル!(600円くらいかな)

本当に薄く伸ばして使うだけなので、半年でやっと半分使用。

めちゃめちゃコスパいいです!

日本だと、同じサイズで最安値が1990円!

輸入品なので、どうしても割高にはなりますが、2000円以下で半年以上持つと考えると、コスパの良さは実感してもらえると思います。

【海外直送】バイオイル Dry Skin Gel 50ml 新発売

価格:1,990円
(2021/1/9 17:59時点)
感想(0件)

まとめ

1年中紫外線が強く、特に冬場の乾燥がひどいオーストラリア。

成分、コスパも良く、肌に合うものって海外ではなかなか見つけられないので、このオールマイティーなジェルは、本当に救世主の様な存在なんです。

今までは、日本で使っていたブランドをわざわざ送ってもらったりもしてましたが、その心配もなくなりました。

私の乾燥肌対策に欠かせないバイオイルのドライスキンジェルをご紹介しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる