【医療/福祉系】オーストラリアの仕事マッチングサービス

オーストラリアでアシスタントナースや介護の資格を取ったけど、なかなか就職先が見つからない。できればカジュアルに自分の好きな時に働きたい。どんなところに登録したらいいんだろう?

実際に仕事マッチングサービスに登録して働いた経験から、こんな悩みに答えていきます。

✅ この記事は、こんな人に役立ちます。

オーストラリアでアシスタントナースや介護系の資格を持っている人

上記☝の資格があって、単発や短時間のカジュアルワークを探している人

これから資格取得を考えている人

目次

オーストラリアの仕事マッチングサービス会社

実際に登録した、マッチングサービス会社は2つ。

hireup

By hirup

Mable

By Mable

この2つを選んだ理由は、Disabilityの仕事をしているローカルの友人たちからのおすすめでした。

どちらもメインはDisabilityですが、AgedCareや、パーソナルケアも含まれています。年齢も子どもから高齢者までさまざま。どちらもケアを受けたい人、ケアの仕事を探している人それぞれがまずサイトに登録。自分のプロフィールを作成し、自分に要件、給料に合った人を探すシステムです。

ケアの要望はいろいろ

  • 看護介入、ADLの介助などのパーソナルケア
  • ホームメンテナンス ➡ 掃除、芝刈りなど
  • 社会的なかかわりへの援助 ➡ 外出、買い物、散歩、アクティビティなど
  • 教育サポート ➡ 勉強や仕事のサポート
  • 送迎サポート
  • スピーチセラピー、サイコロジー、リハビリなどの専門分野など

もちろん、自分が提供可能なケアの要望を探せばOKです。中には、トライアスロンの練習のために自転車乗りに付き合ってほしい、というのまでありました。
そして実際に友人は、40kmのサイクリングの依頼を受けて一緒にやってました(笑)体力に自信のある人にはいいですね!

登録に必要な資格

  • CerrtificateⅢ以上 Individual Support
  • CerrtificateⅢ以上 Aged Care
  • CerrtificateⅢ以上 Disability
  • CerrtificateⅢ以上 Home and Community Care
  • CerrtificateⅢ以上 Assistant in Nursing もしくは Degree in Nursing

登録に必要となってくるもの

  • パスポートか運転免許証での本人確認
  • ポリスチェック
  • working with childrenのチェック
  • CPRかFirst Aidの受講証明
  • 2人からの推薦状

この5項目は、どちらの会社でも必須。このほかに、mableではABN(Australian Business Number)が必要になります。

仕事マッチング会社に登録して働くメリットとデメリット

Photo by Freepik

メリット

時給が高い($30~40以上)
自分でクライアントを選べる
クライアントと1対1なので、施設よりも余裕が持てる
短時間、単発で終わる

デメリット

短時間、単発で終わるので、一度に稼ぎたい人には向かない
TAXは引かれていないので、確定申告で納税の必要あり

やはり一番のメリットは時給の高さだと思います。そして短時間、単発で終わるので、一日仕事に拘束されることもなく、時間を有意義に使えます。ただし、短時間のため一回の収入が少ないという点では、デメリットとしてもあげてみました。
また、クライアントと1対1なので、施設で働くよりも気持ちに余裕が持てます。買い物や散歩、運動など、クライアントの希望で行うことも、一緒にすることで自分の運動や気分転換にもつながりますよ。

経験談

実際のところ・・

上記の2つの会社に登録したわけですが、hireupの方はシティでの件数が多く、なかなか私の住むエリア近辺のクライアント情報がありませんでした。

なので、mableのみを利用しました。mableの方が、シティ以外のエリアでもクライアント数が多かったです。両方を登録して、自分の働きたいエリアで案件を比べてみることをお勧めします。

実際にした仕事はこちら。

高齢女性のハウスキーピング 時給$25 2時間/週
掃除、ガレージの片づけが主でした。掃除用具は自分で用意して持っていかなければならなかったので、初期費用がかかりますが、そろえてしまえば他の仕事でも使えたり応用出来ます。購入にかかったコストも、タックスリターンで申告できました。

小学生の軽度自閉症の男の子の、体操レッスン付き添い 時給$30 1~2時間/週
mableのサイトでクライアント(男の子の母親)と連絡を取ってから、一度顔合わせしました。仕事内容は、体操レッスンに車で送り迎えして、レッスンが終わるまで待ち、また帰ってくるという流れです。ただ本人の気分により拒否する日もあったので、2か月ほどやりましたが、毎週確実にシフトが入るわけではなかったです。

小学生の軽度自閉症の男の子のアクティビティ 時給$30 1~2時間/週
こちらも、まず顔合わせをしてから始めました。学校が終わったらピックアップして、両親が帰宅するまで散歩したり、バスケットをしたりしました。

まとめ

案件を選ぶとき、少しでも仕事内容が不安だったり、難しいと感じたらきちんと断ることも大切です。特にDisabilityの分野では、クライアントの身体的、精神的状態をしっかりアセスメントして、自分がまず安全にケアを行えるかが大切になってきます。mableで選んだ案件は、どれもこなせそうだったこと、そして実際にクライアントに合って本人の状況を確認してからだったので、問題なく働くことができました。

もし興味があれば、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる